日本消化器病学会・甲信越支部

第41回 日本消化器病学会甲信越支部例会
第63回 日本消化器内視鏡学会甲信越地方会
合同地方会

大腸(V)

36. (内-16) Collagenous colitisの臨床症状と内視鏡所見について
丸の内病院 消化器内科1、上田生協診療所2、 信州大学医学部 生体情報検査学3
山本香織1、中村 直1、瀬角英樹2、太田浩良3
当院では1例目となるcollagenous colitisの症例を経験した。演者が3年前の第57回本地方会で報告した2例と臨床症状、内視鏡所見を比較検討し報告する。【症例1】63歳、女性。下腹部不快感にて下部消化管内視鏡検査施行。上行結腸に小びらんと全大腸に顆粒状浮腫状粘膜、血管透見の不良像を認めた。改めて病歴を聴取すると、2年前より1日数回の軟便が続き時々水様性下痢もみられていたということ、症状出現の約4ヶ月前よりランソプラゾールの内服が追加となっていたことがわかった。生検にて上皮直下に約40μmと肥厚したコラーゲンバンドを認めcollagenous colitisと診断した。内服をラベプラゾールに変更したところ自覚症状改善した。【症例2】68歳、男性。ランソプラゾール内服開始となった3か月後より1日10行以上の水様性下痢が2ヶ月間持続。下部消化管内視鏡検査では、発赤浮腫状粘膜を全大腸に散在性に認めcollagenous colitisを疑って生検施行、診断した。塩酸ロペラミド投与にて自覚症状、内視鏡所見、病理所見とも改善がみられた。【症例3】39歳、女性。健診便潜血反応陽性。内視鏡所見は血管透見の不良な粘膜が散在する他には異常なく、生検にてcollagenous colitisと診断した。【考察】collagenous colitisは出血を伴わない慢性水様性下痢を主症状とし、micriscopic colitisの1組織型とされている。報告の多い欧米では内視鏡所見は正常とされているが、本邦では軽度の粘膜浮腫、発赤を認めるとの報告が多い。今回の症例1では自覚症状は弱かったが、粘膜の変化は最も顕著であった。症例1、2ではランソプラゾール内服開始後の症状出現であった。症例3は、内視鏡所見は2と酷似しているが無症状であった。コラーゲンバンドの肥厚のみで疾患概念と当てはまらない症例をどのように扱うべきか課題が残る。
37. (消-21) ランソプラゾール起因性Collagenous colitis の1例
新潟県立吉田病院 内科
渡辺 順、関根厚雄、八木一芳、中村厚夫
症例は、71歳、女性。既往歴として1999年から強皮症、間質性肺炎、高血圧があり外来通院されていた。2006年11月17日から水様性の下痢が出現。整腸剤内服にて経過観察されていたが改善なく、12月21日に当科紹介となった。初診時は、ロキソプロフェンナトリウムを内服していたためNSAIDs起因性のCollagenous colitisを疑い、大腸内視鏡検査を施行。生検にてCollagenous colitisと診断された。ロキソプロフェンナトリウム内服を中止したが、下痢は改善せず2007年2月19日に当科再診。その際、2006年8月より逆流性食道炎のためランソプラゾールが処方されていることが判明し、ランソプラゾール起因性Collagenous colitisと考え、ラベプラゾールナトリウムへ変更した。その後、速やかに下痢は消失し、4月9日の大腸内視鏡検査時の生検では、Collagen bandは残存していたが、大腸粘膜の炎症は著明に改善していた。私たちはCollagenous colitisを8例経験しているが、そのうち3例がランソプラゾールによるものであった。今回の症例では、Ki67による細胞動態も検討したので当日言及したい。
38. (内-17) 静脈硬化性腸炎の1例
下越病院 消化器科1、新潟大学大学院医歯学総合研究科 分子・診断病理学分野2
原田 学1、河内邦裕1、渡辺 敏1、畠山 眞1、山川良一1、味岡洋一2
【はじめに】静脈硬化性腸炎は小山、岩下らにより報告された疾患であり、稀な疾患である。今回わ れわれは静脈硬化性腸炎と思われる1例を経験したので報告する。
【症例】80歳代の女性で、陳旧性肺結核のため当院を定期受診していた。2004年12月上旬、便潜血陽性のために施行された注腸造影検査にて、S状結腸に約5mmのポリープが認められ、また上行結腸から横行結腸に連続して拡張不良が認められたが、自覚症状はなくその後経過観察されていた。2005年8月上旬より下痢症状が認められるようになり、8月下旬に施行された注腸造影検査にて、前回と同様に上行結腸から横行結腸に連続して拡張不良と浮腫が認められた。内服薬にて症状軽快したため下部消化管内視鏡検査は希望されず経過をみていた。2006年10月下旬に施行された注腸造影検査にて、前回までと同様に上行結腸から横行結腸に連続して拡張不良が認められ、一部不整なdefectが認められた。下部消化管内視鏡検査にて、ポリープが数個認められ、これとは別に盲腸から横行結腸にびまん性に拡張不良とびらん、暗赤色の色調変化が認められた。2007年4月上旬に再度施行された下部消化管内視鏡検査にて、前回と同様に上行結腸から横行結腸に連続して暗赤色の色調変化が認められた。生検にて、血管周囲性に著名な膠原線維増生が認められ、コンゴ-レッド染色にてアミロイド沈着は認められなかった。以上より静脈硬化性腸炎と診断された。現在、自覚症状はみられず、保存的治療にて経過観察中である。
【考案】静脈硬化性腸炎は病変部腸管に関与する静脈硬化症による慢性血液循環障害のために生じる炎症性疾患である。内視鏡検査でみられる独特の暗紫色から青白色の粘膜色調が認められ、病理学的特徴としては粘膜下層の線維化、血管周囲の沈着物、血管壁の石灰化などが高率に認められる。また、腹部単純X線検査や腹部CTで右側結腸壁及びその周辺の点状〜線状石灰化像が特徴的である。治療としては、過去の報告ではイレウス症状のため外科的治療が施行された例が多くみられるが、保存的治療にて再発が認められない報告もあり、腹膜炎症状などがみられなければまず保存的治療を行い、コントロール不良となった際に外科的治療が考慮されるべきと考えられている。本症例では、保存的治療にて経過良好であり、今後慎重なフォローアップを行っていく。
39. (内-18) 半年間の経過を追えた静脈硬化性大腸炎の1例
長野中央病院 消化器内科1、 同 病理科2
小島英吾1、太島丈洋1、田代興一1、束原 進2
今回われわれは,半年間の経過観察を追えた静脈硬化性大腸炎の一例を経験したため報告する.症例は59歳女性.平成18年11月某日に右側腹部の違和感を主訴に近医受診された.発熱は認めなかったが,CRPは5.6mg/dlと上昇していたため抗生剤にて加療された.しかしその後も症状が遷延し,11月15日に当院紹介され入院となった.下部内視鏡検査を施行したところ,横行結腸から徐々に粘膜の色調が青銅色調となり,盲腸まで連続していた.上行結腸では粘膜の一部にびらん,発赤所見も認めた.注腸検査では直腸から横行結腸までは特筆すべき所見は認めなかったが,上行結腸では全周性の比較的柔らかな狭窄を呈していた.腹部CTでは,上行結腸近傍の腸間膜にわずかな石灰化巣が描出された.病変部からの生検で,粘膜固有層および血管周囲に好酸性の膠原線維の密な沈着を認め,静脈硬化性大腸炎と診断した.ビフィズス菌製剤にて保存的に加療を行ったところ,症状は軽快されたため外来にて約半年間経過観察を行ったが,症状の増悪は見られなかった.半年後の内視鏡所見でも初回時とほぼ同様の所見を認めた.本症の原因としては慢性的な腸間膜循環障害と推察されているが,本例では明らかな原因は不明であった.現在自覚症状を認めていないことより特別の治療は行っていない.しかし,今後病変の進展や,症状の出現などの可能性も否定できないため,定期的な経過観察が必要であると思われた.
日本消化器病学会・甲信越支部